real estate

快適な生活を送れる老人ホーム

子供部屋の「将来間仕切り」について

「将来間仕切り」って、ご存知でしょうか?
子どもが2人いる家族などが、家を新築するときに、子ども部屋を2つ、ならべて作ります。そして、その部屋と部屋との間には、初めのうちは、壁を作らずに、部屋に出入りするドアだけは、2つ作ります。
そうすると、子ども部屋が2つ分の広さなので、幼いころは、兄弟や姉妹が、広い部屋で、一緒に遊べるのです。そうして、成長して、一人部屋が欲しくなったら、2つの部屋の間に壁を作って、別々の部屋にすることができる。
そんな家を建てる時の、間取りの考え方です。
私も、子どもが生まれて間もないころは、住宅展示場などで、「将来間仕切り」を見て、「家を建てるなら、『将来間仕切り』だな。」と思っていました。実際に、友達が、家を建てたときには、「将来間仕切り」の子ども部屋があると、「素敵だな。」と憧れたりしていました。
けれども、最近、「将来間仕切り」の夢は、さっぱりと、どこかに行ってしまいました。家の中で、子どもが、大きな部屋で遊ぶ理由が、思いつかなくなったのです。
子どもが、少し、大きくなると、男の子だった場合などは、とくに、「家の中で、走り回らないで、お外で遊んできなさい!」なんて、叱らないと、いけなくなるんですよね。
もう、それは、1日に何度も何度も・・・。
広い遊び部屋が、家の中にあるなんて、考えただけで、顔が引きつるようになってしまったのです。

トピックス

一人暮らしとヘルパー派遣

私の住む街区では、近年急速に高齢者の一人暮らしが増えています。多くは夫婦どちらかの逝去に伴っての一人暮らしですが、中には子供がいても面倒を見てもらえないであるとか、熟年離婚によってやむなく一人暮…

私のひとり暮らしの部屋選び体験

私は独身時代、約13年ほど神戸で一人暮らしをしていました。何回か引っ越しをしましたが、どれもワンルームか1Kのマンションで、6畳から7畳の部屋に住んでいました。部屋を借りる際…

一人暮らし用の物件に便利な家具

 一人暮らし用の物件と云えばだいたいワンルームか1DK,1LDKがメインですが、皆さんきっと家賃を抑えるために狭さと闘っていると思います。  そんな方にお勧めな家具が、機能付き…

記事一覧