real estate

快適な生活を送れる老人ホーム

賃貸でも収納力が大事

一人暮らしでの賃貸と、結婚してからの賃貸とではやはり重要視する部分が違うのですが、一番に二人になるということで、荷物がかなり増えるということです。
今までの暮らしの倍の服や、靴、食料品、日用品と色々と物が増えます。
夫婦二人だから、寝室、リビング、キッチン、ダイニング、洗面所、トイレ、お風呂と部屋を確認する際、部屋の広さも重要ではありますが、なにより収納力がどれくらいあるのかを検討するのが快適に暮らすカギとなる気がします。確かに部屋が広ければ棚を置いたり、タンスを買ったりとできるとは思いますが、賃貸ではなるべくそこの部屋にだけ合わせた家具を買うのはお勧めしません。次の引っ越し先で不憫だったり、引っ越しの際荷物が多くなって大変だからです。そして、外に物が溢れることで忙しくて片づけられない時のストレスを貯めないようにするのも大事だからです。お客様がいらした際に見られたくないものは初めから外に出てないのが理想です。色んな所に収納スペースがあるかどうかで、すっきりと見せる事ができるので、部屋がそれ程広くなくても収納があるだけで使えるスペースは全然違ってくるものです。
収納スペースを上手く活用できれば、賃貸アパートでも分譲のアパートに引っ越しても、次の生活にすぐ順応できてきます。
是非、新しい処に引っ越しを考える際には部屋の広さだけでなく、収納力にも目を向けてみてほしいです。

トピックス

一人暮らしとヘルパー派遣

私の住む街区では、近年急速に高齢者の一人暮らしが増えています。多くは夫婦どちらかの逝去に伴っての一人暮らしですが、中には子供がいても面倒を見てもらえないであるとか、熟年離婚によってやむなく一人暮…

私のひとり暮らしの部屋選び体験

私は独身時代、約13年ほど神戸で一人暮らしをしていました。何回か引っ越しをしましたが、どれもワンルームか1Kのマンションで、6畳から7畳の部屋に住んでいました。部屋を借りる際…

一人暮らし用の物件に便利な家具

 一人暮らし用の物件と云えばだいたいワンルームか1DK,1LDKがメインですが、皆さんきっと家賃を抑えるために狭さと闘っていると思います。  そんな方にお勧めな家具が、機能付き…

記事一覧